桐生織塾

■和田良子コレクション
〜着物・羽織・帯の柄に魅せられて〜

米国在住の染織研究家である和田良子さんは、当時カルフォルニア大学日本研究所客員研究員でありましたが、平成8年に国際交流基金の研究員として、1年間桐生に滞在し、武藤さんとともに銘仙の研究に取り組みました。
かつて女性に愛用された銘仙の美しさに魅了された和田さんは、その「柄」を主なテーマとして、着物や布地、文献や資料の収集をしました。

コレクションTOPへ


Copyright 2015 kiryu-Orijyuku. All rights reserved.